委任契約の意義、実例・その2


3.わが民法上は、委任は無償というのが原則である(ローマ法からの沿革に由来するものであり、専門家たる受任者は委任者から独立して自由な高級労働を行うものであり、報酬を受けることによる束縛にはなじまないということを理由にする)。しかし、わが民法上も有償の委任を禁じるものではなく、報酬特約があれば、有償の委任となる。また、現代の取引社会では、無償の委任の実例は極めて少なく(実際問題として、無償では受任者も事務処理に対する熱意を失いがちである)、仮に明確な報酬特約がなかったとしても、委任の内容次第によっては、黙示の報酬特約があると認定すべきである。また、委任は、諾成契約であり、意思表示のみで成立する。

4.(やや込み入った理論上の問題であるが)ここで委任と代理の区別について説明する。代理とは、本人・甲より代理権を付与された者(代理人)・乙がその代理権の範囲内で相手方・丙と行った法律行為の効果を直接に本人・甲に帰属させるという制度である(民法九九条)。他方、委任は受任者・乙が委任者・甲のために一定の事務を処理する契約であるが、その事務の内容は法律行為に限定されない(前述の準委任がその例である)という点で、両者は異なる。なお、法律行為の事務処理の委任の場合、受任者に代理権が付与される場合がある。

しかし、委任は委任者・受任者間の内部関係の問題であり、代理は前述のとおり法律行為の効果を直接に甲に帰属させるという外部との関係の問題であり、受任者が代理権をもつ場合でも、両者は次元を異にするものであることに注意する必要がある。例えば、受任者において代理権の範囲を超えた法律行為を委任者に無断で行い、委任者に損害を与えた場合、内部関係においては、受任者の義務(善管注意義務)違反として損害賠償の問題が起きうるが、外部関係においては表見代理(民法一一〇条)が成立すれば、法律行為の効果は甲に帰属するものとして扱われる。


奈良県内での生活に憧れている人はいますか?もしいましたら,お勧めのエリアがあるんです。それは,天理市です。天理市は,天理教を興したエリアとなっています。そんな天理市には,歴史と自然が豊富に残っております。
また,大阪市へも簡単に向かうことができるので,ベットタウンとしても発展してきました。そんな天理市で賃貸物件をみつけませんか?天理市内には,様々な賃貸物件が充実しています。
ハイキングコースなどもあるため,天理市で住めば休日などにリフレッシュできますよ!

東京都で新生活を始めようと検討中の方,初台周辺で不動産物件を見つけませんか?
初台駅からは京王新線が走っていて,新宿までは2分で向かうことができますし,渋谷までは7分でアクセスすることができ,交通の便がとても良いエリアなんです。また,駅周辺には買い物をすませるスポットが豊富にあって,日々のお買い物はもちろんですが,仕事帰りにお買い物が出来るのでとても便利なんです。街は昔ながらの商店街と若者向けの新しいお店が協和していることもあって,日々新しい発見をすることができ充実した生活が送れるでしょう。
休日には新国立劇場でオペラを見たりしてみるのもいいかもしれませんね。
一人暮らしからファミリー層まで人気のある初台周辺の不動産物件をみつけて快適な生活を始めませんか?

湘南エリアの一角をなしている平塚市。太陽とキラキラ光る海が身近にある環境となっていて,あなたも新生活を始めませんか。
平塚市は神奈川県のほぼ中央に位置しており,都心部へ通勤通学している方も生活しています。
近年ショッピングモールなども近隣にできており,ますます利便性が高くなっている平塚エリアで新築一戸建てを購入してくらしませんか?
平塚市の新築一戸建てならき快適な生活を送ることができますよ!

コメントは受け付けていません。